POLAの美白美容液ホワイトショットCXって?

POLAのホワイトショットシリーズは、肌が本来もっている白く輝く力に着目した美白シリーズです。

ホワイトショットといえば、美容のプロの間でも自腹で買いたいコスメとして人気で、効果を実感した人たちからは「もう手放せない」との声も。

POLAの美容研究の最先端の技術が詰め込まれた極上の美白シリーズで、顔全体に使用するホワイトショットCX、濃くなってしまったシミをスポット的にケアするホワイトショットSX、体の中からケアするインナーロックIXなどが発売されています。

透明度の高い、さらさらの美容液ホワイトショットCXはスーッと肌に馴染むテクスチャーでこれはやみつきになりそうです。

ホワイトショットCXの特徴や配合成分、使用感、お値段や購入方法などまとめましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ホワイトショットCXの特徴と成分

ホワイトショットCXは、まず表皮細胞の角質を整え肌が本来白くなる力「セルフクリア機能」を高めます。

そして、肌の奥にしっかりと有効成分を届け、メラニン色素を作らせないオリジナル成分が肌の黒化を抑え、糖化まで予防する多機能な美容液です。

順を追って詳しく説明していきましょう。

(1)セルフクリア機能

子供の頃、夏に真っ黒に日焼けをしても冬にはムラなくきれいに消えていましたよね。

それは肌には本来メラニン色素を自力で分解して排出する機能が備わっているためです。

そのメカニズムを、POLAは「セルフクリア機能」と名付けました。

表皮細胞の本来の力をサポートするために、ビワの葉から抽出したポーラオリジナル美容成分「SCリキッド」が角質を整えて肌を保湿します。

(2)メラニンロック機能

セルフクリア機能を向上させたら、肌の奥へのアプローチも欠かしません。

メラニン色素はメラノサイトで生成されたチロシナーゼという酵素にチロシンが結合することで完成します。

それぞれがお互いにぴったりはまる鍵を持っており、この二つを結合させないようにすることができればメラニン色素は生成されません。

ポーラの開発したオリジナル成分「ルシノール®」は、なんとチロシナーゼと結合する鍵を持っており、チロシナーゼと結合することができます。

この結果、チロシンは結合できず行き場を失います。

メラニン色素の生成そのものをさせない機能が、メラニンロック機能です。

(3)抗糖化

ポーラはいち早く肌の糖化にも着目していました。

糖化というのは食事などからとった余分な糖分がタンパク質と結びついて細胞を劣化させる現象です。

活性酸素と並んで、身体を老化させる原因の一つと考えられています。

体内で糖化が起こると、肌のコラーゲン細胞を破壊して肌のハリをなくしてしまったり、シミやくすみの原因にもなります。

そんな糖化を予防する成分も配合されていることも注目です。

ポーラオリジナル美容成分「YACエキス」と「EGクリアエキス」は、それぞれヨモギ、レンゲソウから抽出した成分です。

(4)ショットデリバリー処方

そしてこれらの有効成分を確実に届ける技術がショットデリバリー処方です。

浸透しやすい角層状態を整えるカプセルと、2つの美白有効成分を内包したカプセル、この3つのナノカプセルが、メラノサイトに狙いを定めて美白有効成分を届けます。

角層の細胞間脂質と類似の構造を持ったカプセルが浸透しやすい角層の状態に整えます。

さらに、メラノサイトと親和性の高いカプセルに内包された美白有効成分がしっかりと狙いを定めて届きます。

有効成分を確実に届けてくれる高い技術によって、お肌へしっかりと働きかけてくれるのですね。

ホワイトショットCXの成分

具体的な成分表示は次の通りです。

水、BG、グリセリン、エタノール、アスコルビン酸2-グルコシド、PEG-8、マルチトール液、4-n-ブチルレゾルシン、ビワ葉エキス、マヨラナエキス、ショウキョウチンキ、クララエキス-1、ヨモギエキス、レンゲソウエキス、グリチルリチン酸2K、ローズ水、オレンジフラワー水、水添大豆リン脂質、大豆リン脂質、ラウロイル加水分解シルクナトリウム液、無水エタノール、水酸化K、キサンタンガム、クエン酸Na、濃グリセリン、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、クエン酸、コハク酸ジエトキシエチル、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、メチルパラベン

様々な成分が配合されていますが、特に毒性の強いものは含まれていないようです。

ただしたくさんの成分が配合されているため、肌の状態によっては、刺激を感じることもあるかもしれません。

そうした際は、一度使用を控えて皮膚科医などに相談することがオススメです。

ホワイトショットCXの使い方・注意事項

ホワイトショットCXの使用方法と1回の分量は次の通りです。

<使用方法>
・朝晩ローションで肌を整えた後、顔全体または顔のシミ・ソバカスが気になる部分にやさしくなじませてください。
・ホワイトショットCXとSXを併用される際は、CXを肌になじませた後、SXをお使いください。

<1回の分量>
顔全体で2プッシュ、部分使用で1プッシュが目安。

通常サイズは1本で朝晩毎日使用して2か月分です。

ホワイトショットCXはさらさらとしていてローションのように使いたくなりますが、先にローションで整えてから使用する美容液です。

気になる部分だけに使用するという使い方もできますが、顔全体のトーンがアップすると思うので個人的には全体にまんべんなく使用するのがオススメです。

注意事項

つづいて、注意事項です。

・肌に異常がないかよく注意して使用し、使用中に赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみなどの異常があらわれたり、また使用後の肌に直射日光があたって同様の症状があらわれた場合は、ご使用をおやめください。
・肌に合わないまま化粧品類の使用を続けますと、症状を悪化させることがありますので、このような場合はご使用を中止し皮膚科専門医等にご相談ください。
・傷やはれもの、しっしんなどの異常があるところにはお使いにならないでください。

肌に異常がある場合はひどくなることもあるので注意しましょう。

ホワイトショットCXの購入レビュー

実際に購入してみましたので、開封して紹介していきます。

外箱

こちらが通常サイズ25mlの箱に入った状態です。

裏側と側面に注意事項と配合成分が書かれています。

使用方法などは、箱の内側に書いてあり切り開いて読むようにとのこと。

エコを意識していますね。

中身

箱から出してみました。

ふたが大きすぎる気もしますが、コロンとしたかわいらしいフォルムに、ホワイトショットのロゴが映えるデザインです。

横にすると丸いので当然ですが転がるので注意しましょう。

ふたが大きいのは、ポンプ式になっているためだったんですね。

ポンプ式だと雑菌が入りにくく衛生的なのでありがたいです。

分量も正確に測れるので、使いすぎなくて済みそうです。

美容液

美容液は、無香料・無着色なだけあってさらさらとした水のような透明感です。

写真だとどこに美容液があるのか見えないくらいですね。

さらりとしていますが、とろみもあってとても濃厚な美容液という感じがします。

肌に適度にじんわりと浸透して、しっとりと保湿してくれているのがわかります。

まとめ

あえて飾っておきたくなるようなシンプルなデザインで、使い心地もとても気持ちがいい美容液です。

さらりとしていますが、とろみもあり肌になじんだ後はしっとりします。

肌が全体的に乾燥気味という人にもぜひオススメです。

まさに肌のきめを整えながら保湿してくれる美容液という感じです。

ホワイトショットCXの価格・購入方法

気になるお値段についてです。

商品 内容量 価格
本体 25ml ¥16,200(税込)
リフィル 25ml ¥15,120(税込)
ラージリフィル 50mL ¥27,000(税込)

リフィル、ラージリフィルを単体で購入する場合は、別売りの交換式ポンプ(1,080円税込)が必要です。

一度使ってみて肌の違いを感じた方は、ラージリフィルを購入すると、かなりお得に購入できます。

質の高い美容液なので、お値段はお手頃とまではいかないようです。

使い続けていくのはちょっと大変…という方は、通常の化粧品にプラスして使用するタイプの美容液なので、紫外線のケアを集中的に行いたい時期だけ購入して、なるべく肌へのダメージを減らすという使い方もできそうですね。

購入方法

入手先:公式サイト、直営店や百貨店のPOLAコーナー

楽天やアマゾンなどからも購入できますが、公式サイトから購入するのが一番安心です。

他のサイトから購入する場合、仮にずさんな状態で管理されていてもわからないためです。

忙しくてお店に行く時間がない方など、公式サイトでは送料無料で購入できるので、こちらが一番オススメです。

管理人の評価

ホワイトショットCXは肌全体のトーンをアップしたい人にオススメの美白美容液です。

肌本来のもつ白くなる力に着目した美容液で、メラニン色素を作らせない機能や肌の糖化を防ぐ成分もしっかり配合されており、エイジングケアに最適です。

これ以上シミやくすみを増やしたくない、乾燥を防ぎたいという方にオススメです。

さらさらとした使い心地の良さも使い続けたくなりますね。

美容のプロたちがこぞってオススメするホワイトショットシリーズ。

長年消えてくれない濃いシミのケアにはスポット的に使用できるホワイトショットSXもオススメです。

スポットだけで無く顔全体のケアをしてみたいという方には、やっぱりこちらのホワイトショットCXがオススメです。

ポーラ ホワイトショットCX公式サイトはこちら